スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

果物の正しい食べ方


人の体に一番マッチしている食べモノは何だと思いますか?
それは、果物です。

果物が人の体に優しいのには、
理由があるのです。

通常何か食べモノを食べれば、胃で胃液が出てきて
分解する作業が行われます。

お肉を食べてもお米を食べても
何でもですね。

しかし、例外が一つあります。
果物です。

果物は胃に負担をかけない唯一の食べモノなんです。


「え!ウソだって果物食べた後ってげっぷが出るし胃が痛くなるわよ」


そんな時は、食後のデザートとして
食べていませんか?


すでに消化酵素を持っている果物は
胃をそのまま通過して腸に行きます。

先に何か食べると、胃で滞在して
腐敗が始まります。

腐敗する前に胃で発酵が始まる時に

発酵された果物がげっぷになって出てきます。

胃が痛くなるのも腐敗や発酵が始まっているからなんです。


思い返してみてくださいね。
果物を食べる前に何か食べていないかどうか?


事実、私も食後に果物を食べれば
げっぷや胃が痛くなります。


また、本能的に果物が人の体に合っているのは、


私たちの大昔の先祖の時代までさかのぼります。


原人だったころの人間も体調が悪くなれば、
果物ばかりを食べていたとされています。


今のその名残が残っているのです。


もし、あなたが胃の痛みや
体調不良を感じた時は果物を活用してください。


果物の正しい食べ方は

胃に何もない状態で食べるようにしてくださいね。


ただ、こういった食品のレシピが
これにはついているんです。


たしか、ネガティブなんとかだったような?
>> http://123direct.info/tracking/af/98969/GgQP04gO/


2009/09/12 食べ物のオハナシ トラックバック:- コメント:0













管理者にだけ公開する

<< ストレスで便秘になる原因 | HOME | スイッチを切り替え >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。